FLOWER TIPS


お花の
基礎知識



お花のお手入れ

フラワーアレンジメント

お水は夏場は毎日、冬場は2~3日おきに花や葉の表裏に霧吹きであげてください。 花を挿している吸水スポンジも乾いてしまわないように注意して水を足してください。 "水切り"といって、水の入ったバケツの中で、茎の先端を1cmほど切ってあげることで 水の吸い上げ効率がよくなりお花が長持ちするようになります。 ちなみに、切り口は斜めに切ると切断面の面積が大きくなりますのでより効果的です。

直射日光の当たらない、できるだけ明るい室内に飾るようにしてください。 乾燥を嫌う生花ですのでエアコンの風などが直接当たらないようご注意ください。

長持ちのコツ

  • 砂糖を少々いれると栄養源となるためお花が元気になります。
  • 氷を入れると滅菌作用が高くなりお花が長持ちします。
  • 漂白剤は滅菌作用が高いので数滴入れると雑菌が増えるのを防ぎます。

花束

花束は出来るだけ早めにラッピングや保水材を外して茎を洗い流し"水切り"をしてください。 水の入ったバケツの中で、茎の先端を1cmほど切ってあげることで水の吸い上げ効率が よくなりお花が長持ちするようになります。 その後、花瓶等にいけて、お水は基本的に毎日取り替えるようにしてください。

風通しの良い所に飾ってください。生花は乾燥を嫌いますので、エアコンの風などが 直接当たらないようご注意ください。

長持ちのコツ

  • こまめに水切りし直す
  • 花瓶などにいける時は下の方の葉を取り除く
  • 砂糖を少々いれると栄養源となるためお花が元気になります。
  • 氷を入れると滅菌作用が高くなりお花が長持ちします。
  • 漂白剤は滅菌作用が高いので数滴入れると雑菌が増えるのを防ぎます。

胡蝶蘭

胡蝶蘭植物は水をあげすぎると根腐れを起こしてしまいますので毎日水やりをしなくても 良いです。水苔の湿り気がなくなっていると感じた時に水をあげてください。 夏場は根本にコップ2杯程度、冬場はコップ1杯程度で十分です。 葉に霧吹きで水をかけるのも良いでしょう。根腐れを心配しすぎて完全に乾かしてしまわない ように十分注意しましょう。

胡蝶蘭は直射日光の当たらない場所に飾るようにしましょう。直射日光で葉焼けを起こして そのまま腐敗することもありますのでご注意ください。

また、胡蝶蘭は熱帯雨林の植物の為、寒さは苦手です。室温が15度以上に保てるように 心がけてください。冬場に長期間不在になるオフィスなどの場合は鉢ごとダンボールに 入れておくのも効果的です。

長持ちのコツ

胡蝶蘭は花が揺れて花粉が落ちてしまうとすぐにしぼんで枯れてしまいます。 風の強い場所も花が揺れますので屋内に置く場合、エアコンの風が直接当たらない ようにすることでお花が長持ちします。

観葉植物

鉢土の表面が乾いていたらお水をあげてください。底の穴から流れ出るまでたっぷりと あげてください。その際、鉢底にたまったお水は根腐れの原因になりますのですぐに 捨てるようにしてください。

葉焼けの原因になりますので直射日光を避けながら日当たりの良い場所に置くように してください。また、風通しの良い場所に置くことで鉢土の湿度上昇が抑えられ 根腐れ防止にもなります。基本的には鉢の底から根が出てきたら植え替えを行ってください。 長期間植え替えをしないと、土の中の栄養分が減りますし、大きくなってきた根が呼吸 できずに枯れてしまうことがあります。数年ごとに寒い時期を避けて鉢土を入れ替える ようにしましょう。

長持ちのコツ

  • 夏場は乾きが速いので、土の表面が乾いたら早めにお水をあげてください。
  • 冬場は表面が乾いても鉢の中心が乾くまでには時間がかかるので、2~3日後に お水をあげてください。
  • 葉に霧を吹いて葉についたほこりをとりのぞいてあげるだけでも観葉植物を 元気に育てることができます。
  • バランスよく育てるために2週間に1度くらいの間隔で鉢を90度まわして光の方向に 植物が伸びてしまう片伸びを防ぎましょう。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは生花ではありませんので水やりの必要はありません。 風通しの良い所に飾ってください。直接日光があたる場所、湿気の多い場所での保管は 色褪せしやすく、鮮度が落ちますのでご注意ください。

長持ちのコツ

たまったホコリを取り除く場合、なるべく毛が柔らかい化粧用のブラシ等で花を 傷めないように撫でて取り除いてください。プリザーブドフラワーは生花と同じように 取り扱いには十分ご注意ください。


花を贈る際のマナー

お祝・記念

誕生日

お誕生日には花束やアレンジのほか、蘭鉢・花鉢なども喜ばれています。 お相手の方のお好きな花やお好きな色にあわせて花を選んだり、誕生花や 年齢に合わせるなどのちょっとした気遣いも素敵です。 どの年代層でも比較的明るい色のお花が喜ばれる傾向にあります。 また、メッセージカードは気持ちを込めた一言を添えることで お相手の方にきちんと心が伝わります。

立札の表記

【お誕生日おめでとう】【ハッピーバースデー】【祝お誕生日】

結婚祝い

色、種類、香りなど新婦さんの好みに合わせてお花を選びましょう。 一般的にピンク系やパステル系の明るめの色の花が好まれています。 当日ではなくしばらく経って落ち着かれた頃に新居にお贈りすることもありますが その場合、新婚旅行などで長期間不在の場合もありますのでできれば事前に確認した 方が良いでしょう。

種類としてはアレンジ、花束、蘭鉢、花鉢などを贈られる方が多いですが、インテリア として置いおける観葉植物も記念品として実は人気があります。 4、9、13などは縁起の悪い数とされていますのでお花の本数にはくれぐれも注意 してください。

「別れ」「嫉妬」「移り気」などが花言葉になっている花は避けた方がよいでしょう。 異性に対して「愛情」を花言葉にもつ赤いバラも避けた方が良いでしょう。 花瓶は「割れる」という意味合いから縁起がよくないと言われることもありますので できるだけ避けましょう。

立札の表記

【ご結婚おめでとう】【祝結婚】【寿】

出産祝い

出産祝いは産後1ヶ月くらいのうち落ち着いたころを見計らって贈っても良いです。 病院へお届けする場合には、事前に退院予定日を確認してください。入院中の病院に お届けする場合は、花束よりもアレンジのほうが便利です。 なるべく香りのきつくない、花粉の飛ばない種類の花を選びましょう。

色は、パステルカラーの花が大変人気ですが男の子、女の子など性別や実際の印象、 イメージにあわせて選ぶのも良いでしょう。ちなみにカスミ草は「ベビーブレスフラワー」と 呼ばれており、出産祝の花束によく使われます。また、メッセージカードは気持ちを 込めた一言を添えることでお相手の方にきちんと心が伝わります。 インテリアとして置いおける観葉植物も記念品として実は人気があります。

立札の表記

【ご出産おめでとう】【出産祝】

結婚記念日

花束やアレンジが主流です。結婚記念日の年数と同じ数のお花をあわせた花束がお勧め です。もし、思い出の花があればその花を選んだり、奥様のお好きなお花、お好きな色、 香りなどからお選びいただくと良いでしょう。 ちなみに、25周年の銀婚式や50周年の金婚式に記念としてご旅行されるご夫婦も多く、 宿泊先やお食事されるレストランでサプライズとして花束を贈りたいなどのご依頼も 大変多くなっています。

立札の表記

【祝結婚記念日】【祝金婚式】【祝銀婚式】

賀寿

ご家族、ご親戚の皆様からお祝いのメッセージカードを添えられると大変喜ばれます。 お祝いですのでお花は、明るく華やかな色合いの花をおすすめいたします。

長寿のお祝い
【還暦】 数え年61歳

干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支に戻る。

【古希】 数え年70歳

「人生七十古来稀」という言葉から生まれたことば。

【喜寿】 数え年77歳

「喜」のくずし字が「七」「十」「七」と書く。

【傘寿】 数え年80歳

「傘」のくずし字が「八」「十」と書く。

【米寿】 数え年88歳

「米」のくずし字が「八」「十」「八」と書く。

【卒寿】 数え年90歳

「卒」のくずし字が「九」「十」と書く。

【白寿】 数え年99歳

「百」の字に「一」足りないのが「白」。「百」の「一」手前で100-1=99になる。

【上寿】 数え年100歳

寿命を上・中・下の三段階に分けた、最も上の段階。100歳、または120歳のこと。

【茶寿】 数え年108歳

「茶」の草冠のくずし字が二つの「十」で「二十」、下が「八」「十」「八」に分解でき20+88=108になる。

【皇寿】 数え年111歳

「皇」の字が「白」と「王に分けられ、「白」は白寿の99、「王」は「十」と「二」に分解できで12、99+12=111になる。

立札の表記

【還暦祝】【祝米寿】

お見舞

ご自宅で療養されている場合は、花瓶を必要としないアレンジがおすすめです。 メッセージカードは気持ちを込めた一言を添えることでお相手の方にきちんと心が 伝わります。下記のようなイメージの花は避けた方が無難と言われておりますので ご注意ください。

ご注意!
鉢植え(胡蝶蘭など)

根付くということで退院できないことを連想させてしまいます。

散りやすい花・花粉が多い花(ポピー、チューリップ、椿など)

花首からぽとりと落ちることで死を連想させてしまいます。

赤い花(赤いバラなど)

血を連想させてしまいます。

白またはブルーを基調とした花(ユリ、菊など)

葬儀やお供えを連想させてしまいます。

立札の表記

【御見舞】

快気祝・退院祝

退院してから10日以内にお送りするのがタイミングとしては良いでしょう。 お花は消えてなくなってしまうので「きれいさっぱり完治した」「あとにまったく残らない」 という意味でも快気祝いにはお勧めです。また明るく華やかな色合いのお花を中心に選ぶように しましょう。

御礼の意味を含めた感謝の気持ちを込めたメッセージカードを添えることをお勧めします。

立札の表記

【退院祝】【快気内祝】

創立記念日

お祝いには華やかな生花や蘭鉢を贈るのが主流ではありますが、観葉植物も人気があります。また企業様の「コーポレートカラー」を意識して色合いをチョイスしてみるのも良いでしょう。

立札の表記

【御祝】【祝創業○周年】

昇進・昇格・就任祝い

昇進・昇格祝は高級感のある胡蝶蘭の鉢植がよく使われます。もちろんアレンジでも良いです。 昇進・昇格のお祝いは大安、友引の日が好まれます。 ご栄転の場合、引越しの1週間前を目処にしつつ、単身赴任かどうかなども予め確認したほうが 良いでしょう。 また、就任パーティーが会社以外の会場で行われる場合などは、そちらへお届けすることも あると思いますが会場名、開始時間などは忘れずに確認しましょう。

【大安】

一日中大吉の日。何事にも吉で失敗することがなく、結婚、旅行など万事に良いとされています。会社の設立日、開店、新商品の発売などに選ばれます。

【先勝】

何事も急ぐことが良いとされ、午前中は吉、午後は凶とされています。急用、訴訟、公事沙汰に適していると言われています。選挙の投票日も先勝の日曜日が選ばれることが多いですね。

【友引】

「友を引く」ことから慶事には歓迎されますが、葬式・法事には避けられます。

【先負】

勝負事や急な用事は避け、控え目にしているのが良いとされます。昼すぎから日暮れまでは吉とされています。

【仏滅】

一日中大凶の日。何事もうまく運ばないことから、祝い事やお見舞いなどはこの日を避けることが多いようです。

【赤口】

正午だけが吉で朝夕は凶とされています。祝い事は正午をはさむようにすればよいとされています。

立札の表記

【祝御就任】【祝御栄転】

退職祝い

花束はオレンジや明るい黄色系のもの、女性向けにはピンクや淡い色が人気がありお勧めです。 お持ち帰りのときのことを考え花束はあまり大きくならないように注意が必要ですが、会社で 手渡しするなら、やはり華やかで明るいほうが良いでしょう。 退職日当日は早く退社される場合がありますので、当日の退社時間など事前に確認しておいた ほうが良いです。ご自宅へお送りする場合は、記念品として観葉植物なども比較的人気があります。

立札の表記

【退職祝】【退職記念品】

卒業・入学・就職祝い

入学祝いは入学式の1週間前までに、卒業祝は卒業式後2週間以内を目処とするのが良いでしょう。 就職祝いは入社日の前後2週間を目処にご自宅へお贈りしましょう。

立札の表記

【卒業祝】【入学祝】【就職祝】

開店祝い

胡蝶蘭や季節の花鉢、観葉植物などは開花期間も長く、店内に飾っていただくには大変お勧めです。 通行者や来店者にアピールできるスタンド花も華やかでお勧めですが歩道や通路などの規制も ありますので注意が必要です。 もちろん華やかなアレンジも、入り口や店内にそのまま飾っていただけますのでお好みにあわせて お選びください。

前日または開店前にお届けをしますのであらかじめ開店時間やご都合を伺っておきましょう。 業種によっては、香りの強いものや花粉の散りやすいお花は避けた方が良いでしょう。 店内のインテリアとして長く飾っていただく観葉植物は、葉が落ちにくい丈夫なものを選ぶように しましょう。

立札の表記

【御祝】【祝開店】

新築・改築・引越・移転祝

【法人】

オフィス新築、移転などの場合は、高級感のある胡蝶蘭や観葉植物が良いでしょう。 観賞期間も長く、水やりもあまりいらず簡単ですので企業様には喜ばれます。 観葉植物はお手入れが簡単かつ葉が落ちにくい植物を選ぶようにしましょう。

【個人】

華やかなお花やインテリアに合わせた観葉植物が人気があります。新築後半月から 遅くとも転居1~2ヶ月以内を目処に贈りましょう。観葉植物はお手入れが簡単で、 葉が落ちにくい植物がお勧めです。親しい間柄であればあらかじめ欲しいお花の種類を お聞きしておくことも良いでしょう。

立札の表記
法人

【御祝】【祝竣工】【祝新社屋完成】

個人

【御祝】【新築祝】

発表会

高級感のある胡蝶蘭、季節の花鉢は華やかで常に人気があります。特に長い期間の公演や 展示会には胡蝶蘭の鉢植が良いでしょう。 もちろん、華やかなアレンジもカウンターなどにそのまま飾っていただけますので人気です。 花束贈呈でお渡しする場合は丈が長め花束の方が会場内で見栄えがします。

立札の表記

【御祝】【祝○○発表会】【○○さんへ(江)】

クリスマス

ポインセチアなどの鉢物が人気です。また、飾る期間もありますのでクリスマスの直前では なく12月の上旬に贈ることが多いです。 その他にアレンジ、リースなどクリスマス向けのお花は種類が豊富です。 お贈りする方への気持ちを込めたメッセージカードを添えることをお勧めします。

立札の表記

【メリークリスマス】

お悔やみ

法事

仏式の場合、初七日法要は葬儀と同日に行われることが多くなってきています。 お花を贈るのは三十五日か四十九日のどちらかが良いとされています。 亡くなられた日が近い場合は白に近い色の花が無難で、四十九日まで白いお花で まとめるのが一般的とされています。

ご自宅へお届けする場合は、祥月命日(死亡した日と同月同日)の前日の午後、 あるいは法要前日の午後にお届けするのが良いでしょう。 法要式場がホテルや会館などの場合、当日の式典前に届くよう、式典開始時刻や 会場名を予め確認しておく必要があります。

キリスト教の場合は、追悼ミサは3日目、7日目、30日目、1年目に行います。 以降、毎年亡くなった日に追悼ミサが行われます。 追悼ミサは教会で行われますが、お花をお贈りするのはご自宅が一般的です。

※宗教の違いや地方の風習によりお手配が変わります。

【御供】

お亡くなりになられてからの日数が不明でもお使いいただけます。宗派を問わず使用可能です。

【御霊前】

仏式で四十九日前にお花を贈る場合。49日前までは現世に霊魂として残っているという言い伝え。

【御仏前】

仏式で四十九日以降にお花を贈る場合。49日を境に仏になりあの世に旅立つという言い伝え。

  • 初七日 7日目
  • 二七忌 14日目
  • 三七忌 21日目
  • 四七忌 28日目
  • 五七忌 35日目
  • 六七忌 42日目
  • 七七忌 49日目忌明け
  • 百箇日 100日目
  • 一周忌 満1年目の祥月命日
  • 三回忌 満2年目の祥月命日
  • 七回忌 満6年目の祥月命日
  • 一三回忌 満12年目の祥月命日
立札の表記

【御供】【御霊前】

通夜

仏式の場合、通夜が行なわれる場所にお届けします。葬儀場、ホールによっては、 会場指定の業者がいて、外部からお花の持ち込みができない場合もありますので注意が 必要です。 弔花は宗教の違いや地方の風習にって異なりますので金額のみを指定してあとは業者に 任せるのが無難です。 通夜にお花が間に合わない場合、初七日が過ぎた頃にメッセージを添えてご自宅に アレンジを贈ると良いでしょう。

立札の表記

宗教の違いや地方の風習により違います。

告別式

仏式の場合、告別式が行なわれる場所にお届けします。葬儀場、ホールによっては、 会場指定の業者がいて、外部からお花の持ち込みができない場合もありますので注意が 必要です。 弔花は宗教の違いや地方の風習にって異なりますので金額のみを指定してあとは業者に 任せるのが無難です。 告別式にお花が間に合わない場合、初七日が過ぎた頃にメッセージを添えてご自宅に アレンジを贈ると良いでしょう。

立札の表記

宗教の違いや地方の風習により違います。

枕花

枕花は故人の枕辺に贈るお花のことで一般的にはお通夜かお通夜の前に贈ります。 枕花は鮮やかな色や派手な花は避けたほうが良いとされていますので、白か青系の色彩で まとめるのが無難です。アレンジを送る場合も和花で白を基調にまとめるのが良いですが、 故人の好みや先方に合わせて洋花や色を入れる場合もあります。

立札の表記

【御供】

新盆

四十九日後の忌明け後に初めて亡くなられた方を迎えるお盆を新盆といいます。 お盆の時期は地方によりますが、7月13~16日、もしくは8月13日~16日とされて いる場合が多いです。関東では新暦の7月、関西では旧暦の8月が多いようですので、 お花を贈る場合はその時期に注意してお盆に入る前に届くようにしましょう。

白に近い色合いの花が無難ですが、故人が好きだった花がわかればその花をアレンジ したものでも良いでしょう。白や紫系の蘭鉢なども送られることがあります。 お盆の日にちも様々ですので注意が必要です。

立札の表記

【御供】【御仏前】

お彼岸

春分(秋分)の3日前の日が「彼岸の入り」、3日後を「彼岸の明け」と言います。 春分の日、秋分の日は、ちょうどその真ん中なので、「彼岸の中日」と言われています。 お亡くなりになって年月が経っているのでしたら、白い花だけではなく、淡いお色が 入ったお花も良いと思います。お花をご仏壇まわりにお供えできるようにアレンジや 花束もお勧めです。

立札の表記

宗教の違いや地方の風習により違います。


お花を贈る記念日

1月

  • お正月(1月1日)
  • 成人の日(1月第2月曜日)
  • 愛妻の日(1月31日)

2月

  • バレンタインデー(2月14日)

3月

  • 桃の節句(3月3日)
  • 国際女性デーミモザの日(3月8日)
  • サンキューデー(3月9日)
  • ホワイトデー(3月14日)
  • 卒業(不定)

4月

  • 入学・就職(不定)
  • サン・ジョルディの日(4月23日)
  • セクレタリー・デー(4月最終水曜日)
  • 春の叙勲(4月29日)

5月

  • 端午の節句(5月5日)
  • 母の日(5月第2日曜日)

6月

  • 父の日(6月の第3日曜日)

7月

  • サマーバレンタインデー(七夕)(7月7日)
  • 中元(地域により異なります)

8月

  • 八朔(はっさく)(8月1日)
  • お盆(8月13日前後)

9月

  • 重陽の節句(9月9日)
  • 敬老の日(9月第3月曜日)
  • 十五夜

10月

  • ボスの日(10月16日)
  • 孫の日(10月第3日曜日)
  • ハロウィン(10月31日)

11月

  • 秋の叙勲(11月3日)
  • 七五三(11月15日)
  • いい夫婦の日(11月22日)
  • 勤労感謝の日(11月23日)

12月

  • お歳暮(12月初旬)
  • クリスマス(12月25日)

ACCESS

拡大地図を表示


当店は 「花キューピット」加盟店 全国発送できます